段ボールでつくる竜の模型 龍段(りゅうだん)Dragon133

NHKおはよう日本まちかど情報室
2011年 1月4日(水) 
竜のように伸びやかに!
ことしは辰年。竜にちなんだ話題をお伝えします。

情報3

段ボールでつくる竜の模型
龍段(りゅうだん)Dragon133

問い合わせ先 株式会社 アキ工作社
0978-65-0188

黄金に輝く竜
豪華で迫力のある竜、
こうした干支の置物を置かれる方もあると思いますが
これは、糊もはさみも使わずに作れます。

部品はダンボール、
そこには細かい切込みが入っていて、
外していくと、パーツは121個。
これらのパーツを何枚も重ねていくことで、
竜の立体的な形が出来上がります。

「作りがいありそうですね。」
という、鈴木アナウンサーは、
細かい作業は苦手なようですが、

この親子は、
およそ40分で完成しました。
ヒゲや爪などの細かい部分まで
しっかり表現されているようです。

子ども
「小さいパーツを重ねていって大きなものができるのが面白い。」

お母さん
「金の竜ですごいおめでたい感じですよね。
 一つ一つ動きがある感じ。」

親子そろって
「竜のように頑張るぞ!」


ただ、NHKのディレクターが作ってみたところ
2時間かかったそうです。不器用なディレクターですね!(笑)


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック