水を使って発電する電池 水電池NoPoPo

NHKおはよう日本まちかど情報室 2011年 6月2日(木)放送

もしもの時に安心です
ユニークなヘルメットや電池などの防災用品

情報3

水を使って発電する電池
水電池NoPoPo


問い合わせ先 日本協能電子株式会社
03-5408-8980


懐中電灯などの防災用品は
電池を入れっぱなしにしておくと放電してしまって
いざというときに使えないということがありますよね
そんなときに役に立つのが水電池です

見た目はふつうの乾電池ですが
よく見ると、プラス側に小さい穴が二つあります。
この穴に、スポイドで水をいれると
電池が発電して・・・
懐中電灯に入れると灯りがつきました。

普通の電池は使っていないときでも
中で化学反応をして
すこしずつ放電してしまっているのです。

でも、この電池は、
使いたいときに水を少し入れることで
初めて化学反応を起こすので
それから放電するということです

一般のアルカリ電池の保存期間が5年ほどなのに対して
水電池は約20年と長くなっているので
防災セットに入れておいても安心です。

買い置きをしがちな乾電池ですから
長期間安心しておいておけるというのはうれしいですね。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 乾電池不要の懐中電灯 ブンブンエコライト

    Excerpt: いざというときにブンブン回して充電するニュータイプの懐中電灯。 東日本大震災の時に、お店から乾電池が無くなったのを覚えていますか? 会社の防災担当者ならともかく、 自宅で、緊急時のため.. Weblog: ゆめみの早耳!? racked: 2011-11-18 19:37