防犯ブザー付きランドセル

最近の小学生が、最初に憶える言葉が
不審者
だなんて、嫌な世の中になりましたね

小学生には、区から防犯ベルが貸与されていますが
防犯ベルをランドセルにつけていますが

いざという時に、防犯ベルを鳴らせますか?
あわてふためいて、
泣くのが精一杯

だから、クチコミでも話題になっているのが

子供を守る!現場対応型「変身ランドセルカバー」

タイガーマスク(伊達直人)が福祉施設に贈ったことでもわかりますが
ランドセルは小学生が必ず背負っているモノ

だから、防犯ベルとリンクしちゃえば効果的

この「変身ランドセルカバー」は、
背負い部分に取り付けた紐を両手で持ちあげながらカバーを回転させると、
防犯ブザーが吹鳴し、前、後ろ両側に、「110番して下さい!」の文字が現れる仕組みです。

えええっ!?

たとえば不審者に遭遇した時、ブザーを即座に操作したり、声を出すこと…、
子供にはなかなか出来ないのが現状です。

その場から、子供が逃げ出そうとすれば、捕まえようとするのが不審者の本能。
1番手前のランドセルに不審者の手がかかり、
カバーを剥ぎ取れば、
防犯ブザーが吹鳴し、背中側のカバーの文字で危険を知らせるというのがその仕組

だからといって

かならず機能するとは限りませんが


あの防犯ベルより

ずーっと、実用的ですよねえ











この記事へのコメント

この記事へのトラックバック